処女喪失の痛みを減らす10の方法【痛みが完璧に取れる理由】

初体験が痛いものだと思っていませんか?

多くの男性は処女との経験がそれほどあるわけではありません。むしろ、一人も経験したことがないという人のほうが多いです。慣れていなければ痛いのが当たり前なのです。

どんなに大好きな人が相手でも、泣くほど痛い思いをするとなれば台なしですよね?

実は高度な技術を使うと、処女の喪失は痛いものではありません。

初体験の痛みは皆さんの想像をはるかに超えるほど痛いものです。実際、サポートを始めた4年前には経験も浅く失敗も多かったです。しかし、現在では確実に痛みを減らすことができるようになりました。

事実として、特にこの2年間でサポートした人に痛いと言われたことはありません。痛くない率100%です。

特にこれまで痛くてできなかった方、痛いのが怖いという方はぜひご相談下さい。必ずお力になります。

このページでは、私が実際に使っているテクニックのうち、もっとも代表的なものを10個紹介しています。本当は20個以上あるのですが、最新の技術はキリがないので書くのを諦めました。

それでも、これらを全て使えば、必ずあなたも痛みを少なくすることができます。

痛くない処女を卒業がしたい方、100%痛くない理由を知りたいという方はぜひ最後までご覧ください。

\全部読む必要はありません。途中でもお気軽にご相談下さい/痛くない卒業について、気軽に相談する


痛くない処女卒業の基礎知識

処女喪失が痛いとは限らない

まず、初体験が痛いとは限らないということをイメージしてください。

下記はとあるサイトで数百人の女性に対して実施されたアンケートで、「初体験は痛かったか?」という質問に対して、次のような結果が出ています。
処女喪失時の痛みの割合
<処女喪失時の痛みの割合>

  • 「気持ちよかった」・・・27.5%
  • 「痛かった」・・・ 72.5%

なんの対策をしていなくても、およそ4人に一人は「痛くなかった」と答えています。

処女喪失が痛いという情報ばかりが先行されていますが、意外とそうとも限らないということをイメージしてください。

処女喪失は対策すると自然な結果として痛みを減らせる

当サポートにおいて、過去にとった感想を集計してみたところ、次のような結果が出ました。
処女サポートによる痛みの割合
<処女サポートによる痛みの割合>

  • 「全然痛くなかった」・・・52%
  • 「ちょっと痛かったけど大丈夫だった」・・・41%
  • 「痛かった」・・・7%

アンケートの項目が2択と3択なので一概に比べられませんが、なんの対策もしなかった結果から比べると、十分に対策をした場合、かなり「痛い」といった人の数が減っています。(参考サイト

つまり、ちゃんと対策をすれば、痛みはかなり減るということをわかっていただけると思います。

(注)このアンケートを取った時点では痛くない率93%でしたが、新しい技術が確立されたため、ここ1年に限れば痛くない率100%です。
なぜ、こんな高確率で痛くないのか?以下、具体的な痛み対策をご案内します。

当サポートの具体的な10の痛み対策

女性に対して優しさと思いやりを持つ

痛くない処女卒業の時にもっとも大事なことは女性を第一に考える優しさと思いやりです。

これを当たり前と考えるのは間違いです。

なぜなら、男性の約30%が処女に対して「面倒」と思っているというアンケート結果が出ています(参考サイト ゼクシー)。

また、男性に愛があっても緊張したり、不慣れの場合でも思いやりを忘れてしまうことが多いです。

思いやりがなければ女性が痛がっているのも気づきません。強引に挿入すれば、処女膜の損傷だけでなく、膣壁を痛めた場合は長期で痛みが長引くリスクを伴います。

当たり前のように思えて意外とできていない、優しさと思いやりを男性にはぜひ持っていただきたいです。

追記

当サポートでは、最大限に優しくするのはもちろんですが、女性が優しさを感じた時に出るオキシトシン、いわゆる幸福ホルモンを科学的に分泌することによって、緊張を和らげています(参照 安全と安心の心理学)。

当日の食事、言葉や行動により、緊張が緩和されるだけでなく痛みを緩和することができます。

処女喪失サポート名古屋の痛み対策

リラックスする

女性がリラックスすると痛みが減ります。

緊張すると骨盤底筋という筋肉がこわばり、男性を受け入れないように体が反応します。このような状態では男性も力づくで挿入するしかありません。これが痛みの大きな原因となっています。

大好きな彼氏とならリラックスできるという人もいますがそれは間違いです。

むしろ、好きな人の前ではじめて裸になるのですから緊張しないわけがありません。サポートでは、赤の他人だからリラックスできるとよく言われます。

この緊張を上手に解くことが、痛み対策のポイントとなります。

追記

当サポートでは、当日の緊張は当たり前として、その日に至るまでの不安を解きほぐすために、科学に裏付けられた不安解消プログラムを用意をしています。

私は過去に心理カウンセラーをやった経験があります。

他人の緊張や不安を取ることを仕事でやってたので、男性とは緊張して話すことすらできないという方でも、私の前ではリラックスできます。

このサイトでは非公開の事例を用意してあります。初体験が怖いと思われている方も彼女の葛藤、努力、そして克服のストーリーを読めばきっとあなたも勇気づけられるはずです。

処女喪失サポート名古屋の不安対策

ロキソニンなどの鎮痛剤等

ロキソニンなどの鎮痛剤

ロキソニンは激しい生理痛を和らげるくらいなので、かなりの痛みを抑えます。

私も過去に尿路結石をわずらったことがありますが、ロキソニンを飲むことでその激しい痛みを和らげることができました。

ちなみに尿路結石の痛みは出産の痛みに勝るという説もありますが、実際、この世のものではない痛みでした。その痛みすら抑えることができました。

処女喪失の痛みが完全に無くなるわけではありませんが、ロキソニンの服用はおすすめです。

追記

当サポートでは、ロキソニン以外に鎮痛効果の期待できるものを2つ用意しています。

鎮痛効果のあるものを3つ同時に使うことに心配されるかもしれませんが、他のふたつは薬ではありません。どこのスーパーでも必ず売っている食べ物なので、同時に使ってもまったく問題ありません。

この3種類を同時に使うことで効果が飛躍的に上がり、痛みは劇的に減ります。

(注)鎮痛剤を使われることに抵抗感がある方がいます。その方は使わなくても大丈夫です。その場合は体の負担が無いように時間をかけてゆっくりサポートします。

病院で使うものと同じ〇〇を使う

当サポートでは痛み対策として、病院で使っているのと〇〇を使います。

この〇〇は医療従事者でない私でも手に入り、使っても何も問題ないものなので、以前は公開していたのですが、念の為伏せ字とさせていただきます。お問い合わせ時にどういうものかお教えします。

〇〇で痛みを感じなくさせて、それでも感じる痛みを3種類の鎮痛剤が和らげるという2段構えの対策で、ここ一年で痛いという人はいなくなりました。

下記はこれまで、彼氏と何度やっても痛くてうまくいかなかった方が、たった一度のサポートで卒業して、その後彼氏と幸せになったという実話です。痛みに不安がある方は御覧ください。きっと勇気づけられるはずです。

嬉しい言葉

処女卒業のために特別に配合した潤滑ゼリー(ローション)

十分に濡れずに挿入すれば処女でなくても痛いです。しかも、もともと分泌する液体が少ない体質の方もいます。特に初体験の場合は潤滑ゼリー(ローション)の使用がおすすめです。

追記

当サポートでは、塗る場所やシチュエーションによって、次の4種類の潤滑ゼリー(ローション)を使い分けています。

  • 膣の入り口付近は空気が触れるので長時間でも乾かないよう保湿性の高い潤滑ゼリー(ローション)
  • 膣内には滑りやすくする潤滑ゼリー(ローション)を奥まで注入
  • 処女膜周辺に鎮痛効果が期待できる潤滑ゼリー(ローション)
  • 初体験のために独自で配合した潤滑ゼリー(ローション)

下の画像は膣内に潤滑ゼリー(ローション)を入れるための注入器で、実際に使っているものです。

これを使うことにより入り口周辺だけではなく、膣内にもたっぷりと潤滑ゼリー(ローション)を満たすことができ、格段に摩擦が少なくなります。

注入器を使うのが嫌だという方は外側だけ塗るにとどめます。

処女喪失用の潤滑ゼリー(ローション)注入器

体に合ったコンドーム

安いコンドームを使うと、安い素材が使われているので、分厚くなるし、ゴムの摩擦で引っかかって痛いです。

薄くて、摩擦の少ない、処女喪失に最適なコンドームを使うと痛みが減ります。

それにあまり知られていませんが、素材が体に合わない場合、テラックスアレルギーを引き起こします。

これは呼吸困難、血圧低下や意識障害などのアナフィラキシーショックなど、極めて危険な状態になるため体にあったコンドームを使う必要があります。

追記

当サポートでは、基本的にラブホテルで用意されているコンドームを使いますが、体に合わなかった場合のためにポリウレタンとイソプレンラバーで作られたコンドームを用意してます。

処女喪失用のコンドーム

処女膜をほぐして柔らかくする

普通なら、触れるだけでも痛い処女膜ですが、〇〇や鎮痛剤を使うことで柔らかくほぐすことができるようになります。

肩こりでも揉めば柔らかくなるように、処女膜もほぐすと柔らかくなります。

これは処女膜がどの位置にあるのか、どの角度でほぐせばいいのかは経験者でないとわかりません。処女膜に直接触るだけに間違えると激痛が走ります。

一瞬で終わる貫通の技術

処女の卒業で最も痛いのは貫通です。

処女膜への接触は1回でも痛いのに、普通の男性が相手だと何回やってもうまくいきません。

そのため、成功するまでガンガン処女膜を突かれてしまうので、その度に一生思い出すほどの痛みを繰り返さなくてはなりません。

そして、これが原因で膣壁まで痛めてしまい、長期に渡って出血し痛みが収まらなくなることも少なくないです。

コツとしてはペニスが柔らかい状態だと、処女膜を突き破れないので、十分硬い状態で貫く必要があります。

追記

当サポートでは、独自の技術を使うので、痛みがほとんどない上に、最初の1回で貫通させることができます。

おそらく、貫通に関しては日本でもっともうまくできるのではないかという自信があります。

快感を引き出す

強い快感は痛みを消します。

女性は気持ちよくなると、よく濡れて、膣口が開きます。

つまり、気持ちよくなると男性を受け入れやすくなるようできています。

男性はしっかりと時間を掛けて愛撫するべきです。

追記

当サポートでは最高のテクニックを使ってて、強烈な快感を引き出します。

よほど感度が悪くない限り、繰り返し連続で絶頂に達するのが普通です。

その強烈な快感で夢中にさせてしまい、気づいたらいつのまにか卒業しているということを狙ってやっています。

他の女性が泣くほど痛い思いをしているのに、あなただけ気持ち良く初体験できてたら良いと思いませんか?

処女卒業後のアフターケア

行為が終わった後にゆっくりとした時間を過ごすことで「痛みの記憶」を和らげることができます。私自身もこの時間をとても大事にしています。

また、覚えておいてほしいのは、きちんと痛み対策をしていれば、処女喪失の痛みはその場限りで、シャワーを浴びる頃には痛くないということです。それは処女膜が固くて痛みの激しい方でも同じです。

ネットなどでしばらく痛くて歩けなかったなどというものを見ますが、男性が強引に挿入したのでしょう。きちんと痛み対策をして優しくしてもらえばそんな事態にはなりません。

確実に痛みを取りきる最後の手段

上記に加えて、痛みをなくす決定的な秘密がもうひとつあります。それは処女卒業サポートを受けるということです。

アンケートを取ったときは93%痛くないという結果でしたが、ここ一年では一度も「痛い」と言われたことがありません。

処女膜がどういう構造をしていて、どうすれば痛くないかということは研究と経験が必要だということがご理解いただけると思いますが、本人のあなたでもわからないことが、普通の男性にわかるわけがありません。

数百人の処女を卒業に導いたからこそできるノウハウがあります。

このページに書かれていることを実践すればかなり痛みが取れることはお約束しますが、「100%痛くない」ようにするにはもうひと工夫必要です。

彼氏とどんなに頑張っても痛くてできなかった方達が痛みもなくあっさり卒業しています。事実として、彼氏に内緒でサポートを受ける方が非常に多いです。

もし、初体験は痛くない方が良いということでしたら、確実にその希望にこたえます。体の痛いところを取ってくれるお医者さんに相談するような気持ちでお気軽にお問い合わせ下さい。

興味がある方はご質問だけでも大丈夫です。痛くない決定的な理由をお話すると、皆さんが、「え、そんなことできるの❓スゴい❣」と、びっくりされます。

処女卒業サポート名古屋は痛くなかった

まとめ

まとめ

しっかりしたノウハウと経験があれば、「痛くない初体験」を実現することが可能です。経験はどうしようもありませんが、上記の対策をきちんとしたら痛みは確実に減ります。

もし、あなたが「処女卒業は100%痛くないほうがいい」と思われるならぜひご相談下さい。必ずその期待にお答えします。

質問だけでも大丈夫なのでお気軽にお問い合わせください

\痛くないって約束します/無料相談(24時間お気軽に)


次は処女喪失サポートの流れについて解説します。

メールをいただいてから、サポートの後の解散に至るまでどんな流れになっているか、イメージしやすいように、実際に歩く道、実際に使うホテルなど、たくさんの画像を使って紹介しています。次のページもぜひご覧ください。

どんなふうにサポートする?

処女卒業サポートの流れ


\全部読む必要はありません。途中でもお気軽にご相談下さい/痛くない卒業について、気軽に相談する