処女卒業サポート名古屋 お約束
愛があれば痛くても大丈夫?

処女卒業サポートでは次のことをお約束します。

対応について

ご連絡いただいた際には明るくやさしく紳士的に対応します。

もともとそういう性格なのであえて作っていません。

不安なことがありましたら、それが解消されるように努力します。

心のケアについて

私は職業柄とてもコミュ力が高いので、緊張を解きほぐすことについては特に得意としています。

また、安心していただくために事前に LINE、カカオトーク、電話などで、通話していただくことにしていて、それでわたしの人となりが安心できたら初めて会うことにしています。

卒業時においても、通常は楽しく会話するので、ほとんど緊張されることはありません。

サポート後も心身については親身に相談に乗ります。

痛みのケアについて

処女の方には特別なケアがないと、卒業時に大変な痛みが伴います。

当サポートでも痛み対策は最優先事項となっています。

そこで、もっとも心配されるであろう痛みのケアに関しては次のような配慮をしています。

  • 潤滑油として、滑りやすくなるローションを外部用に加え、内部用と合計で4種類用意しています。
  • ご希望であれば、痛み止めとしてロキソニンの服用していただきます。
  • テクニックと道具を駆使して、快感を伴う状態にします。
  • 少しずつ時間をかけて十分に濡れたことを確認してから卒業していただきます。
  • これまで100人以上、処女卒業のお手伝いをしてきた経験が豊富な者がサポートします。
  • その他、公開できないいろいろな技術があります。

無痛、もしくは我慢できるくらいの痛みだけで済む人が90以上です。

痛みがあっても気持ちよさで消すようにしています。

10%以下の割合で痛みを伴うこともありますが、それでも素人の男性がするよりもはるかに痛くないサポートをお約束します。

念押しして痛いケースについてお話していますが、ほとんどの場合は痛くないはずです。

むしろ、「気持ちよかった」と言っていただくことのほうが多いです。安心してお任せください。

POINT

痛み対策についてもっとお知りになりたい方は初体験の時に痛くない理由をご覧ください。

繰り返し絶頂するほどの快感

お約束としてふさわしくないかもしれませんが、気持ちよさもお約束とします。

昔、レズビアンの彼女がいたため、女性が気持ちよく感じるツボは心得ています。

そして数百人の方を相手に技術を磨き続けてきました。

カラダが未開発な処女の方でも繰り返し絶頂されることがほとんどです。

これも痛いという感覚を打ち消すためにやっています。

いつでもサポート中断いたします。

処女卒業はデリケートなものなので、気持ちが乗らなかったらいつどのタイミングでもサポートを中断いたします。

メールから卒業の寸前までステップを設け、どの段階でも意思確認してから次のステップに進みます。

最後の最後までス中断できる安心システムです。詳しくは下記から。

どんなふうにサポートする?

処女卒業サポートの流れ

個人情報について

処女卒業サポートにおいて、お名前等の個人情報は絶対にバレません。

そもそも、個人情報に関しては基本的にうかがわないことにしています。

仮に、何かの事情で知り得た情報があったとしても必ず秘密厳守することをお約束します。

その他、安全策としてご要望があればできる限りご希望に沿うようにします。

そのほか

性病予防について

基本的に私の相手は処女なので、性病がうつるということは考られません。

しかし、念のため、年に数回、性病検査を受けています。

また、基本的にコンドームも着用しています。

【追記】無料相談の時にお話しする4つの内容

ご連絡いただいた時にお話する内容です。当然ですが、全てサイトには書いていない内容です。
  1. 2021年度のサポート実績(注1)
  2. サポートの詳しい内容
  3. 痛くない決定的な秘密
  4. 私の人柄の確認

(注1)たくさんの方をサポートしている証拠(日付け付きの領収書の画像など)をお見せします。

詳しい説明を聞いた後に、不安が一つでも残っていればサポートを受けなくても大丈夫です。

ご連絡いただいたからといって、依頼したことにはなりません。お気軽にお問合せください。

ただし、お問い合わせした後はメッセージでのやり取りはしてください。せっかくご連絡いただいても一回も返事が帰ってこないということが極まれにありますが、それだとあなたにとってサポートが良いものかどうかお伝えする機会がなくなってしまいます。

きっとあなたも「サポートを受けてよかった」と思ってもらえるはずです。ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。

処女卒業サポート名古屋を受けて良かった