25歳は女性がもっとも美しく輝く時期

30代を目前に、まわりはみんな相手を見つけて、結婚祝い、出産祝いだけが飛んでいく。
1秒でも早くその孤独から逃れたいと思いませんか?

処女のままで婚活や恋愛のパートナーを見つけるのは難しいです。

あなたが見ているこのサイトは「処女卒業サポート」などで検索すると、いつも最初の1ページ目に表示されます。

googleやYAHOOなどから高い評価を受けているため、日本全国から同じ悩みを持ったアラサーの方から、ほぼ毎日たくさんのご相談をいただいています(証拠:過去のサポート実績 )。

そのたくさんの経験を元に、28、29歳を対象として、処女の卒業の仕方から、恋人や結婚相手の見つけ方まて解説します。

このページを読んで、あなたが勇気を出して、一歩進むことができたら、長年悩んでいたことを簡単に解決することができます。

実際に、サポートを受けて処女を卒業したほとんどの方は恋愛したり、結婚したりしています。

必ず解決策を提示しますから、ぜひ最後まで読んで下さい。

なぜ20代アラサーは出会いのチャンスタイムなのか?

28、29歳ははまさに出会いの絶好期です。
なぜなら、年上男性は30代に到達しているので、結婚を意識せざるを得ないからです。

男女とも若い頃のような気軽な恋愛には慎重ですが、真剣な出会いには本気です。しかも、相手は30代、あなたは20代。この差も大きいです。

ひょっとしたら、20代のあなたは結婚するのはまだ早いと思われているかもしれません。

もし、お付き合いしてみて結婚に値する相手であれば、簡単にその考えは変わります、一方で、結婚に踏み切るほどの価値のない相手であれば、別れても大丈夫です。

サポートを受けたアラサーの女性も「付き合ったら、結婚しなきゃかわいそうだ」なんて言っていましたが、結局付き合ったり、別れたりしています。実はそれが当然なんです。

真剣な出会いを求めている男性、そしてライバルである他の女性は慎重なので、コツさえ掴めばほとんど選び放題なほどに、あっさり相手を見つけることができるのです。

しかも、イケメンで、優しくて、高年収、高身長でその上次男坊という好物件を選びたい放題です。

これは、相手の男性が30代になったばかりで、それに釣り合う年齢である28、29歳こそが最大のチャンスなのです。

処女卒業サポート結婚報告

アラサー処女は出会いが難しい?

「アラサー処女は出会いのチャンスタイム」と聞いてピンとこない方が多いかもしれません。

なぜなら、これが現実ではありますが、一般論ではないからです。

ここで、年齢と処女率の統計を見てみましょう。

処女率
出典:第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)


国の調査(国立社会保障・人口問題研究所)によると、日本の処女率は次のように推移します。

  • 18〜19歳女性 74.5%(4人に3人が処女)
  • 20〜24歳女性 46.5%(2人に1人が処女)
  • 25〜30歳女性 32.6%(3人に1人が処女 [上図赤枠])
  • 30〜34歳女性 31.3%(3人に1人が処女 [上図赤枠])

つまり、25歳まで処女であった場合、そのあと処女を喪失する確率は1%しかないということになります。

処女のままということは、その先恋愛も結婚もできない。そうがっかりされたかもしれません。

しかし、・・・。

アラサー処女が彼氏を作って幸せになる方法とは?

アラサー処女が恋愛したり、結婚したりする方法があります。

上記のデータからもわかるように25歳を過ぎてからでも1%ほどは処女を卒業しています。その例外になればいいのです。

自力で処女の卒業が難しいのであれば、処女卒業サポートを利用してみてはいかがでしょうか?

処女を卒業しないとパートナーが見つからくくても、処女を卒帳したらその可能性がぐっと高まります。

今すぐ確実に1%の仲間入りができます。

都合の良い話に聞こえるでしょうか?

しかし、数字的には25歳を過ぎてからの処女卒業はほとんど奇跡のような確率であることは事実ですし、サポートを受けたら処女の卒業ができるというのも事実です。

なぜ、処女を卒業するとパートナーを見つけられるかと言うと理由は2つあります。

理由① 処女を卒業すると魅力的になる。

ありきたりに思われるかもしれませんが事実です。
アラサー処女にとって処女卒業は大きな壁です。しかし、その壁が大きければ大きいほど、乗り越えた時に人は大人に成長することができます。

その一例として、「処女であることが恥ずかしい」とか「経験がないから、男性とどう接していいかわからない」ということは一切なくなり、堂々と振る舞うことができます。

これは、「童貞だから恥ずかしい」とか「経験がないから、女性とどう接していいかわからない」と悩んでいる男性を想像してみたらわかりやすいです。

実際に私も童貞を卒業してから彼女に困ることはありませんでした。

理由2 永遠に恋愛相談をすることができる。

サポートを受けた方で希望される方には永久恋愛相談をして、相手が見つかるまで婚活サポートをしています。
実は彼氏をつくるのにはごく簡単なコツがあります。話して説明するのに10分ほどしか必要ないことですが、全員が納得して疑われたことがありません。

また、メールのやりとりとか、振られた時に慰めるとか、望まれる限りずっとお手伝いし続けます。

その結果、よほどなにか問題ない限り、ほぼ全員が理想のパートナーを見つけることに成功しています。

処女卒業サポートのビフォーアフター

人生80年時代です。

30歳で結婚したとして、50年は一緒に過ごす相手です。適当に選んだ相手ではずっと後悔しますよ。

実際、高校の時に初体験した相手と結婚した45歳の女性は会うたびに、「離婚したい」と旦那のさんの愚痴を言っていました。いわゆる美魔女で大変美しい方でしたが、相手を間違えたばかりに、今後も数十年間ずっと不幸な人生を送ることになるのです。

処女を卒業するだけではなく、その先にある幸せこそを掴んでいただきたいと思います。

永久恋愛相談

アラサーで処女卒業サポートを受けた方の事例

かつて、元カレと初体験を試みた時、あまりの痛さに処女喪失できず、そのまま28歳になった方からご相談をいただきました。

その時、彼女には言い寄ってくる男性がいたため、その恋愛を成就するために当サポートを受ける決心をしたのです。

確かに、彼女の処女膜は非常に硬く、当サポートの技術をもってやっと卒業していただくことができましたが、間違いなくあれは普通の男性では無理だったと思います。

今ではその男性とお付き合いがはじまり、幸せになったというご報告を受けています。

もし、彼女にサポートを受ける勇気がなかったら、その彼とも結ばれず、一生処女として恋愛も結婚もできないまま人生が終わってたかもしれません。

まとめ

この文章を読みながら信じられない方も多いと思います。人生経験が豊かになった分、慎重になってしまうのでしょう。

疑うのは構いませんが、素直に信じて、サポートを受ければ、何年も悩んでいたことが簡単に解消できるというのは紛れもない事実です。

この傾向ははっきり年齢に表れます。

若い方はあっけらかんとサポートを受けるのに、30代、40代と歳を重ねていくごとにたくさんの説明が必要ですし、サポート当日に逃げる人も多いです。

もちろん、キャンセルするのも自由ですし。処女のままでいるか、卒業するかは本人が決めることです。

しかし、処女を卒業された方はみなさん「もっと早くサポーをと受けていればよかった」といいます。

28、29歳という人生でもっとも大切な適齢期を大事してほしいです。

もし一生恋愛も結婚もできないとしたら、それはあまりにももったいなくありませんか?

女性が有利な条件で恋愛ができる時間はあまりにも短いです。

ぜひ、勇気を持って、新しいスタートを切りましょう。

なお、処女卒業サポートの詳細については下から確認することができます。