まわりはみんな当たり前のように恋愛を楽しんでいるのに、自分だけ取り残されてしまったように思っていませんか?
「今までどんなにがんばっても彼氏ができなかったのに、これからできる気がしない」

処女卒業サポートををしてきて、何度も繰り返し聞いてきた言葉です。

あなたが見ているこのサイトは「処女卒業サポート」などで検索すると、いつも最初の1ページ目に表示されます。

googleやYAHOOなどから高い評価を受けているため、日本全国から同じ悩みを持った方から、ほぼ毎日たくさんのご相談をいただいています(証拠:過去のサポート実績 )。

このページでは、特に依頼が圧倒的に多いこの世代の処女卒業サポートについて解説しています。

23~27歳が処女を卒業するメリットの大きさや意味の深さがわかるようになります。

ぜひ、最後までご覧ください。

23歳~27歳で処女卒業サポート受けるメリット

さくらさん
さくらさん
処女を卒業すると
どんないいことがあるんですか?。
25~29歳の処女卒業は
人生を丸ごと変えてしまうようなメリットがあります。
けんじ
けんじ

実は23、24、25、26、27歳の女性が圧倒的に処女卒業サポートを受けています。
そして、サポートを受けるメリットが最も大きいです。

なぜなら、この年頃になると男女とも結婚が頭によぎるからです。もちろん、一般的にはまだ結婚は早い年齢です。しかし、体は適齢期です。

まわりが当然のように彼氏を作って、ぼちぼち結婚し始めるので、まだ処女だという事実が焦りとなって、精神的に負担となります。

そのためこの世代には特有の悩みがあります。

例えば、ネット上では次のようなものがありました(引用 ヤフー知恵袋)。

  • 「周りには彼氏ができたことがない人も処女もおらずに完全に世間から置いてけぼり状態になってしまいました」
  • 「職場はちょっといいなと思う人はだいたい結婚してます。」
  • 「なんで今までこんなに慎重に生きてきたんだろうとバカバカしくなってきました。」
  • 「もう恋愛がどういうものなのかどうすれば始まるのか どうすれば処女を卒業できて彼氏ができるの見当もつきません。」
  • 「アラサー処女はやっぱり訳ありとしか思えないですか?」
まわりが結婚しはじめるので、恋活や婚活がうまくいかなくて悩んでいる方がより多くなります。

処女卒業サポートがあなたの今後の人生を変える

また、これ以上処女の卒業を送らせないほうが良いことが統計的にもわかっています。

処女率
出典:第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)


国の調査(国立社会保障・人口問題研究所)によると、日本の処女率は次のように推移します。

  • 18〜19歳女性 74.5%(4人に3人が処女)
  • 20〜24歳女性 46.5%(2人に1人が処女)
  • 25〜30歳女性 32.6%(3人に1人が処女 [上図赤枠])
  • 30〜34歳女性 31.3%(3人に1人が処女 [上図赤枠])

つまり、25歳まで処女であった場合、そのあと処女を喪失する確率は1%しかないということになります。

この統計から、読み取れるもう一つの事実は、処女だとなかなか彼氏ができないということです。なぜなら彼氏ができたら必然的に初体験を済ませるからです。

だとしたら、処女さえ捨ててしまえば、今後の人生を変えることができると言えるのではないでしょうか?

処女卒業サポートはそのきっかけになります。

実際にサポートを受けて処女を卒業した人たちは彼氏を作って幸せになっています。

25歳前後は心も肉体も人生のピークです。きっかけさえつかめれば、恋愛でも結婚でもまだ好条件の相手を選べる年齢なのです。

サポートを受けて彼氏とできるようになった

23~27歳の方への処女卒業サポートの概要

さくらさん
さくらさん
どういうサポートが受けられるんですか?
処女卒業サポートの特徴は次の3つです。
けんじ
けんじ

93%痛くない処女喪失

鎮痛剤、麻酔、ローションなどを使って、極限まで痛みを取り除いています。

その結果、ほとんどの方が我慢できないほど痛いとは言われなくなりました。

詳しくは下のページで書いてあります。ぜひ参考にしてください。

繰り返し絶頂するほどの快感

せっかくサポートを受けるのだから、通常では一生味わえないような快感を受けていただきます。

気持ちよくなっていただくことは非常に重要です。なぜなら、それ自体が痛み対策になり不安対策になるからです。

愛撫を始めた瞬間から、肌が泡立つような刺激に襲われ、繰り返し絶頂するのが普通です。

恋活&婚活のお手伝い

処女を卒業したら、簡単に彼氏ができる世代ではありますが、サポート後には恋愛相談を行っています。

処女卒業サポートを受けた方は次のような恋愛サポートを受けることができます。
  • 理想の彼氏の作り方を教えてもらえる。
  • 会話を弾ませる方法を教てもらえる。
  • 彼氏との初めてでも大丈夫なようにアドバイスを受けられる。
  • フラれたり、傷ついた時になぐさめてもらえる。
  • その他。

その結果、殆どの方から彼氏ができたという報告をいただいています。

20代アラサー 愛さん(27歳)の事例

さくらさん
さくらさん
どういう人がサポートを受けているんですか?
それでは27歳で処女卒業サポートを受けた
愛さんの事例を紹介しますね。
けんじ
けんじ
愛さんは小学校から大学までスポーツ部に所属していました。

まわりは男性ばかりで、高校時代には部の中で女性は彼女一人だったのですが、彼氏はできませんでした。

別にルックスが悪いわけではなかったのですが、性格と格好が男そのものでした。

服装もスカートなど一切はかず、かわいいものを身に付けると自分じゃないような感じがして気持ちが悪かったそうです。

友達とか職場の同僚の男性とは話ができるのですが、異性としてみた途端どう接したら良いかわからないとことのでした。

この世代で男性とまったくお付き合いしたことがない方は多かれ少なかれ男性を苦手としていることが多いです。

しかも、彼女の場合は異性に対する興味もほとんどなく、自分をLGBTじゃないかと疑ったこともあったそうです。

女性らしくなりたい。そう思って私に連絡してきました。

幸い私はコミュ力も高く、こういう方に慣れているので、会話は弾み、仲良くなったところで、処女の卒業サポートを受ける運びとなりました。

サポートが終わって以降、自分の体が女性だということに気づいた彼女は積極的に自分から変わろうと努力しました。

友達のアドバイスを受けて、苦手だった女性らしい服装をし、お化粧をし、靴やバックを買い揃えました。

出会う度に女性らしくかわっていくのが印象的でした。

彼女の場合はモテないと言うのではなく、男性を好きになれないと言うことが問題でしたが、職場に1人だけ、ちょっと気になる男性がいました。

私の恋活サポートの助けもあって、その方とのお付き合いが始まりました。

デートのたびに、「違和感がある」、「どうしていいかわからない」などの連絡がありましたが、男女の営みが始まってからは、女性として満足したらしく、だんだんと連絡がなくなっていきました。

最後に連絡があったのは1年ほど前ですが、きっと今でも幸せになってるんではないかと思います。

愛する人の存在が女性を変えるんですね。

まとめ

23~27歳はもっとも処女卒業サポートを受ける割合が多いです。

30代になる前に処女を卒業し、できれば恋愛を始める。その男性との相性が悪かったら、次のパートナーを探さなくてはならないので、処女の喪失は早ければ早い方が間違いありません。

サポートを受けることに不安を感じるのはもっともです。

特にネットで探すと、処女卒業サポートについての批判を目にするかもしれません。よそのサポートのことはわかりませんが、ネットのウワサはほとんど嘘です。

なぜなら、それを書いているのは男性ばかりですが、彼らが処女卒業サポートを受けているわけがないからです。事実を知らずに憶測だけで語っているのは明らかです。

当処女卒業サポートについて、もっと詳しい内容を知りたい方はこちらをご覧ください。

けんじ
けんじ
最後までご覧いたいだきありがとうございました(^^)