処女喪失時の痛みを無くす方法

初体験は痛くないほうがいいと思いませんか?

どんなに大好きな人が相手でも、愛と痛みは別物です。

あなたが見ているこのサイトは「処女卒業サポート」などで検索すると、いつも最初の1ページ目に表示されます。

googleやYAHOOなどから高い評価を受けているため、日本全国から同じ悩みを持った方から、ほぼ毎日たくさんのご相談をいただいています(証拠:過去のサポート実績 )。

その経験と研究の結果、確実に痛みを減らすことができるようになりました。

このページでは、私が実際に使っているテクニックのうち、もっとも代表的なものを10こ紹介しています。

これらを全て使えば、必ずあなたも痛みを少なくすることができます。

痛くない処女を卒業がしたい方、93%痛くないサポートの理由を知りたいという方はぜひ最後までご覧ください。

痛くない処女卒業の基礎知識

処女喪失が痛いとは限らない

処女卒業サポートの内容

まず、初体験が痛いとは限らないということをイメージしてください。

下記はとあるサイトで数百人の女性に対して実施されたアンケートで、「初体験は痛かったか?」という質問に対して、次のような結果が出ています。

処女喪失時の痛みの割合
<処女喪失時の痛みの割合>

  • 「気持ちよかった」・・・27.5%
  • 「痛かった」・・・ 72.5%

なんの対策をしていなくても、およそ4人に一人は「痛くなかった」と答えています。

処女喪失が痛いという情報ばかりが先行されていますが、意外とそうとも限らないということをイメージしてください。

処女喪失は対策すると自然な結果として痛みを減らせる

処女喪失は対策すると痛みを減らせる

当サポートにおいて、過去にとった感想を集計してみたところ、次のような結果が出ました。

処女サポートによる痛みの割合
<処女サポートによる痛みの割合>

  • 「全然痛くなかった」・・・52%
  • 「ちょっと痛かったけど大丈夫だった」・・・41%
  • 「痛かった」・・・7%
アンケートの項目が2択と3択なので一概に比べられませんが、なんの対策もしなかった結果から比べると、十分に対策をした場合、かなり「痛い」といった人の数が減っています。

つまり、ちゃんと対策をすれば、痛みはかなり減るということをわかっていただけると思います。

なぜ、こんな高確率で痛くないのか?以下、具体的な痛み対策をご案内します。

当サポートの具体的な10の痛み対策

女性に対して優しさと思いやりを持つ

男性がリラックスし、女性に対して思いやりを持つ

痛くない処女卒業の時にもっとも大事なことは女性を第一に考える優しさと思いやりです。
これを当たり前と考えるのは間違いです。

なぜなら、男性の約30%が処女に対して「面倒」と思っているという結果が出ています。

また、男性に愛があっても緊張したり、不慣れの場合でも思いやりを忘れてしまうことが多いです。

思いやりがなければ女性が痛がっているのも気づきません。強引に挿入すれば、処女膜の損傷だけでなく、膣壁を痛めた場合は長期で痛みが長引くリスクを伴います。

当たり前のように思えて意外とできていない、優しさと思いやりを男性にはぜひ持っていただきたいです。

当サポートでは、最大限に優しくするのはもちろんですが、女性が優しさを感じた時に出るオキシトシン、いわゆる幸福ホルモンを科学的に分泌することによって、緊張を和らげています(参照 安全と安心の心理学)。

当日の食事、言葉や行動により、緊張が緩和されるだけでなく痛みを緩和することができます。

処女喪失サポート名古屋の痛み対策

リラックスする

リラックスする

女性がリラックスすると痛みが減ります。

緊張すると骨盤底筋という筋肉がこわばり、男性を受け入れないように体が反応します。このような状態では男性も力づくで挿入するしかありません。これが痛みの大きな原因となっています。

大好きな彼氏とならリラックスできるという人もいますがそれは間違いです。むしろ、好きな人の前ではじめて裸になるのですから緊張しないわけがありません。赤の他人だからリラックスできるとよく言われます。

この緊張を上手に解くことが、痛み対策のポイントとなります。

当サポートでは、当日の緊張は当たり前として、その日に至るまでの不安を解きほぐすために、科学に裏付けられた不安解消プログラムを用意をしています。

もともと、当サポートではワギニスムス(未完成婚、性交痛)という処女喪失が怖すぎて、体が硬直するような方に対応することを想定しています。

ワギニスムスについては事例を用意してあります。普通の方でも、初体験が怖いと思われている方はぜひご一読下さい。彼女の葛藤、努力、そして克服のストーリーを読めばきっとあなたも勇気づけられるはずです。

処女喪失サポート名古屋の不安対策

ロキソニンなど3種類の鎮痛剤等

ロキソニンなどの鎮痛剤を使う

ロキソニンは激しい生理痛を少なくするくらいなので、かなりの痛みを抑えます。

私も過去に尿路結石をわずらったことがありますが、ロキソニンを飲むことでその激しい痛みを和らげることができました。ちなみに尿路結石の痛みは出産の痛みに勝るという説もありますが、実際、この世のものではない痛みでした。

しかし、それでも処女喪失の痛みが完全に無くなるわけではありません。そこで、ロキソニン以外に鎮痛効果の期待できるものを2つ用意しています。この3種類を同時に使う効果は絶大で、痛みはかなり減ります。

3つ同時に使うことを心配するかもしれませんが、他のふたつは薬では無いので同時に使ってもまったく問題ありません。

手術で使うものと同じ麻酔

ロキソニンなどの鎮痛剤を使う

麻酔は病院でしか使うことを許されていませんが、ドラッグストアで売っているものが同じ成分を含んでいるので、それで代用しています。

歯医者で治療する時にしびれた経験があると思いますが、病院の麻酔と同じ効果が期待できます。

ただし、市販されているものなので、歯医者が使っているものほど強力ではありませんし、注射ではなく塗るタイプなので、しびれたりはしません。

それでも虫歯を削ったり、手術の時でも痛くないくらいなので、処女喪失時の痛み対策としては申し分ない効果を発揮します。

もちろん、女性器に塗っても安全なことが確認されていますが、使用前には体質に合うかパッチテストを行います。また、どうしても麻酔が苦手という方は使わなくても大丈夫です。
麻酔で痛みを感じなくさせて、それでも感じる痛みを3種類の鎮痛剤がカバーするという2段構えの対策で、痛いという人はほとんどいなくなりました。

処女膜強靭症(特別に処女膜が硬くて痛い)の方でも対応することを想定しているので、普通の方の処女喪失であればほとんど痛くありません。

処女膜強靭症のケースは事例を用意してあります。これまで、彼氏と何度やってもうまくいかなかった方が、たった一度のサポートで卒業して、その後彼氏と幸せになったというストーリーです。痛みに不安がある方はきっと勇気づけられるはずです。

嬉しい言葉

処女卒業のために特別に配合したローション

十分に濡れてることを確認してから挿入する

腟内が十分に濡れずに挿入すれば処女でなくても痛いです。しかも、もともと分泌する液体が少ない体質の方もいます。特に初体験の場合はローションの使用が必要です。

私も塗る場所やシチュエーションによって次の4種類のローションを使い分けています。

処女喪失時に使う4種類のローション

  • 膣の入り口付近は空気が触れるので長時間でも乾かないよう保湿性の高いローション
  • 膣内には滑りやすくするローションを奥まで注入
  • 処女膜周辺に鎮痛効果が期待できるローション
  • 初体験のために独自で配合したローション
下の画像は膣内にローションを入れるための注入器で、実際に使っているものです。

これにより入り口に塗るだけではなく、注入器を使って膣内にもたっぷりとローションを満たすことで、格段に摩擦が少なくなります。

注入器を使うのが嫌だという方は外側だけ塗るにとどめます。

処女喪失用のローション注入器

高級素材のコンドーム

体にあったコンドームを複数使う

安いコンドームを使うと、安い素材が使われているので、分厚くなるし、ゴムの摩擦で引っかかって痛いです。薄くて、摩擦の少ない、処女喪失に最適なコンドームを使うと痛みが減ります。
それにあまり知られていませんが、素材が体に合わない場合、テラックスアレルギーを引き起こします。

これは呼吸困難、血圧低下や意識障害などのアナフィラキシーショックなど、極めて危険な状態になるため体にあったコンドームを使う必要があります。

基本的にはホテルで用意されているコンドームを使いますが、いつもこだわりのコンドームを3種類20枚ほど用意します。

処女喪失用のコンドーム

処女膜をほぐして柔らかくする

処女卒業サポートの貫通

普通なら、触れるだけでも痛い処女膜ですが、麻酔や鎮痛剤を使うことで柔らかくほぐすことができるようになります。

肩こりでも揉めば柔らかくなるように、処女膜もほぐすと柔らかくなります。

これは処女膜がどの位置にあるのか、どの角度でほぐせばいいのかは経験者でないとわかりません。しかし、効果は絶大です。

一瞬で終わる貫通の技術

処女卒業サポートの貫通

処女の卒業で最も痛いのは貫通です。
処女膜への接触は1回でも痛いのに、普通の男性が相手だと何回やってもうまくいきません。

成功するまでガンガン突かれてしまうので、その度に一生思い出すほどの痛みを繰り返さなくてはなりません。

そして、これが原因で膣壁まで痛めてしまい、長期に渡って出血し痛みが収まらなくなることも少なくないです。

しかし、当サポートではここで特別な技術を使うので、痛みがほとんどない上に、最初の1回で終わらせることができます。

このテクニックにはコツがあって、おそらく日本でもっともうまくできるという自信があります。

実際、皆さんあっけなさすぎてびっくりされるくらいです。

女性を気持ちよくさせる

女性を気持ちよくさせる

気持ち良い=痛くないというのは事実です。

というのも次の2つの効果があるからです。

効果① 痛くなくなる

女性の体は気持ちよくなると、よく濡れて、膣口が開きます。

つまり、気持ちよくなると男性を受け入れやすくなるようできています。

効果② 痛くても強い快感にすり替える

私の場合はテクニックを駆使して、強烈な快感を引き出します。もちろん全員ではありませんが、繰り返し連続で絶頂に達する方も多いです。

その強烈な快感で夢中にさせてしまうか、いわゆる「痛気持ちいい」という状態を作り出し、気づいたらいつのまにか卒業しているということを狙ってやっています。

ネットで学べる知識には限界がありますが、女性を気持ちよくさせたいと思う気持ちと努力はぜひ持っておいてもらいたいです。

処女卒業後のアフターケア

処女卒業後のアフターケア

行為が終わった後にゆっくりとした時間を過ごすことで「痛みの記憶」を和らげることができます。私自身もこの時間をとても大事にしています。

また、覚えておいてほしいのは、きちんと痛み対策をしていれば、処女喪失の痛みはその場限りで、シャワーを浴びる頃には痛くないということです。それは処女膜が固くて痛みの激しい方でも同じです。

ネットなどでしばらく痛くて歩けなかったなどというものを見ますが、男性が強引に挿入したのでしょう。きちんと痛み対策をして優しくしてもらえばそんな事態にはなりません。

痛みをなくす決定的な秘密

上記に加えて、痛みをなくす決定的な秘密がもうひとつあります。

お問い合わせいただいた時にお話ししていますが、説明して納得されなかったことがありません。

それほどまでに痛みを取ることができる絶対的な方法です。

アンケートを取ったときは93%痛くないという結果でしたが、その方法を確立してからは一度も「痛い」と言われたことがありません。

ご興味のある方はお気軽にご相談下さい。

処女卒業サポート名古屋は痛くなかった

まとめ

まとめ
先述の通り、このページでは紹介できない非公開の方法もいくつかありますが、それらを全部使っても全員が無痛というわけではありません。

それでも「全然痛くない」と「ちょっと痛かったけど大丈夫だった。むしろ気持ちよかった」を合わせると93%になります。

つまり、上記の対策をきちんとしたら痛みは確実に減るということです。

もし、あなたが「なるべく処女卒業は痛くないほうがいい」と思われるならご相談下さい。必ずご希望に添えるはずです。
次は処女喪失サポートの流れについて解説します。

メールをいただいてから、サポートの後の解散に至るまでどんな流れになっているか、イメージしやすいように、実際に歩く道、実際に使うホテルなど、たくさんの画像を使って紹介しています。次のページもぜひご覧ください。

どんなふうにサポートする?

処女卒業サポートの流れ


【追記】お問い合わせいただいた時にお話しする7つの内容

お問い合わせ時にお話する内容です。当然ですが、全てサイトには書いていない内容です。
  1. 今年に入ってからのサポート実績(注1)
  2. カウンセリング
  3. サポート当日までの詳細な内容
  4. 痛くない決定的な秘密(注2)
  5. 処女卒業の不安の解消
  6. 高確率で成功する恋愛相談の内容
  7. 私の人柄の確認

(注1)年間100人サポートしている嘘偽りのない絶対的な証拠をお見せします。
(注2)なぜ痛くないか納得できる理由を説明します。サイト非公開の技術です。

詳しい説明を聞いた後に、不安が一つでも残っていればサポートを受けなくても大丈夫です。他の方と初体験する時に必ず役に立ちます。

優しく誠実に対応します。ぜひ、お気軽にお問い合わせ下さい。